火曜日

トークイベント『七夕さまと星めぐり』天文学者海部宣男先生

天文学者海部先生と楽しむ夏の終わりの星空散歩



七夕のお祭りは、本当は天の川が頭上高くかかり満点の星空を満喫できる、
現代の暦では8月の行事なのです。
 
最近、星がよく見られる「伝統的七夕」に戻そうと天文学者を中心に広がっています。
 
今年は8月28日が、その伝統的七夕の日です。
 
七夕の前夜祭として8月27日に、元国立天文台長、前国際天文学連合会会長の海部宣男先生をお迎えし、七夕にまつわる星のおはなしや、海部先生の著者『星めぐり歳時記』(じゃこめてい出版)でも紹介されている、古来の日本の天文文化についてお話をしていただきます。
古来の日本人が星に何を願い、宇宙に何を感じていたのか
世界的な天文学者ならではの貴重なおはなしが盛りだくさんです!

会場:かながわ県民センター 第304会議室 
   「横浜駅」西口・きた西口を出て、徒歩およそ5分
会場地図 → http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f5681/p16362.html
 
開催日:8月27日(日)

時間: 17:30開場 18:00スタート
    19:30終了(19:30よりサイン会)

参加費:1000円

お申し込みは、下記のメールアドレスに
ishikawa-m@jakometei.com
担当:石川

・・・・・・・・・・・・・・・・
宇宙吟遊 光とことば
『星めぐり歳時記』 海部宣男 著

本書は、世界天文年2009日本委員会委員長、前国立天文台長の天文学者海部宣男氏が、親しみやすい星座や星雲を中心にハッブル宇宙望遠鏡やすばる望遠鏡の美しい天体画像を楽しみながら科学的な解説をし、万葉の時代から日本人が詩歌に託した宇宙への思いを読み解きます。古代の人たちが見た同じ星々の煌めきを深く感じることができる、贅沢な一書です。




アマゾン購入はこちら
http://amzn.to/2uTSKdM

水曜日

『涙で生まれて、笑顔で死のう!』真言密教とインディアンの死生観 おさらい会


『涙で生まれて、笑顔で死のう!』

真言密教とインディアンの死生観


第1回 死を迎え入れる器をつくる
おかげさまで満員御礼でした。ご参加の皆様、ありがとございました。

一回目から多くの反響が寄せられ、「1回目にはいけませんが、次はいつでしょうか?」「第2回のための補習はないんですか?」という、多くの声が寄せられました。

そこで、参加できなかった皆様の声におこたえして、第2回のためのおさらい会を開催いたします。


第1回目のおさらいとしてご参加いただいても大歓迎です


どなたてでもお気軽にご参加できる会ですので、ご安心ください。
場所は前回と異なりますので、ご注意ください。

講師:悟東あすかさん、北川らんさん  開催日 7月22日(土)13:30~16:00
参加費 2000円
定員30名
会場 貸多目的ホール 吉澤電工ビル205号室   川崎市多摩区登戸1728 吉沢電工ビル2F   小田急線 向ヶ丘遊園駅北口より徒歩8分   (北口を出て、ひたすらまっすぐです。大通りでたら、    横断歩道を渡って左にあります。)
ご予約は、ishikawa-m@jakometei.com 担当:石川宛にメールください。





『アニマルメディスンブック』          
北川らん 著  佐俣水緒 絵

『仏さまカード』
悟東あすか 絵   北川宥智 解説